大川慶次郎ジャパンカップ2018

弊社としましても貴方様のような大切な会員様の収支状況を、このままにしておく事は絶対にできません。

そう考えた時に「できる限り直近のレースで結果を残さなければならない」と強い使命感を感じるのは当然の事だと思います。

素直に申し上げますが、当案件に関わるレースは全て「3連単1点での提供でも十分といえる程の根拠」に基づいております。競走馬の状態などといった次元ではなく、陣営の思惑から騎手の挙動それこそ3コーナーでの位置取りや最終コーナーでの仕掛けのタイミングすら掌握していると申し上げても過言では御座いません。

しかしどれほどの準備行動が積み上げられたレースであっても、コンマ1秒の事象が展開の紛れを呼ぶ競馬投資においては、やはり1点投資ではリスクの完全排除は困難であり、ゆえにリスクヘッジを徹底した上での8点投資であるとご理解下さい。

すなわち投資を行う側にとっては「保険」としての8点であり、情報性質そのものは危険域でありながら、強大な安心を兼ね備えた究極の競馬投資といえるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP